2005年05月17日

げんしけん

げんしけん (1)げんしけん 2 (2)げんしけん 1


 今や「漫画アニメゲーム」は日本が世界的に誇る文化となっており、野村総合研究所は国内のいわゆる「オタク」層の市場規模が約2900億円に上るとする調査結果をまとめた。(2004年Itmedia newsより)

 そんなオタクの生活を描いた話の「げんしけん」を紹介します。原作は「木尾士目」さん「月刊アフタヌーン」連載中の漫画で、もう…すっげー笑えるアニメですexclamation×2

俺に足りないのは、覚悟だ・・・

 そう思った主人公の笹原完士は大学入学を期に「漫画・アニメ・ゲーム」で思いを分かち合えるサークルへ入ることを決意し、「現代視覚文化研究会」略して「現視研(げんしけん)」に入る事を決意し、サークルの仲間達とのオタク生活が始まっていきます。

 いや〜自分もかなりオタクだと思うし、結構キテますけど…コミックフェスティバルとか行った事無いし、同人誌持ってないし、部屋にエロゲーなんか散乱してないし、持って無いです!というか僕の部屋は基本的に綺麗ですよ〜グッド(上向き矢印)

もう、これはいわゆる

本当のオタクを良く研究したアニメ
でしたね。

 何と言うか、アニメのスタッフロールには「中央大学広報課」「コミックマーケット準備会」とあるので、本格的に学問として捉えているのかもなぁ〜…と感心もしました。

 各話の題名も、まるでレポートの題のような感じで、いかにも学問的で話が難しそうな雰囲気出してますが、まぁ〜それはあくまで雰囲気ですww

 これらの理由のせいか、凄く現実感あって余計面白くなっていると思います。「げんしけん」の世界の中でヒットしているアニメ「くじびきアンバランス」を、実際にアニメとして(アニメの中のアニメっていう事です)作る凝りっぷりや、コミフェスの盛り上がり、「とらのあな」の様子…もう現実そのものなんだろうなぁ〜って思います。いや、本当に行った事は無いですけどww

 そういえばこのアニメ、ジャンルは何って言うんでしょうね??そもそもオタクを題材のアニメなんて珍しいですよね?本当に斬新でしたexclamation×2

 これを見れば、オタクの人の生活や考えが少しは理解できるのかもしれませんね、もちろん一つの例としてですが…。


OP「マイペース大王」 manzo
ED「びいだま」 アツミサオリ


↓音楽はコチラ

 ・TVアニメ「げんしけん」オリジナルサウンドトラック
 ・くじびきアンバランス CDドラマ vol.1
 ・アニメ「くじびきアンバランス」オリジナルサウンドトラック


↓DVD−BOXはコチラ↓

 ・げんしけん DVD-BOX 1
 ・げんしけん DVD-BOX 2
 ・げんしけん DVD-BOX 3


一日ワンクリックしてくれたら感激→コチラ

posted by アニメ男爵 at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | オススメするアニメ&マンガ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3708912

げんしけん (6) 特装版
Excerpt: げんしけん (6) 特装版 2005年05月26日 2005年05月27日 2005年05月28日 2005年05月31日 2005年06..
Weblog: 楽天売れ筋ランキング集
Tracked: 2005-06-05 10:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。